木下博勝(ジャガー横田夫)のパワハラ被害者の画像や訴え。裏の顔がヤバい!

ジャガー横田の旦那さんである「木下博勝」さんといえば、気弱で優しい雰囲気で妻のジャガー横田さんの尻にしかれていて恐妻夫婦として有名ですが、パワハラ疑惑がスクープされています。

木下博勝さんは、医師として勤務していましたが看護師の男性や他のスタッフに対してパワハラをしていたということで問題になっています。

パワハラを受けたとされる男性が顔を公表し、パワハラの具体的な訴えをテレビで語っています。

ジャガー横田さんの夫「木下博勝」といえば、気弱な印象で恐妻夫婦が話題になっていますが、木下博勝さんのパワハラが報じられました。 ...

スポンサードリンク

木下医師の裏の顔

引用元:グッディ

ジャガー横田さんの夫である『木下博勝』さんといえば、穏やかで優しそうな雰囲気でジャガー横田さんからプロレス技をかけられたりと気が弱い印象が強いと思っている方は多いのではないでしょうか。

一時、恐妻夫婦としてバラエティ番組に引っ張りだこでお茶の間の人気者でしたよね。

しかし、その人柄とはまったく真逆の裏の顔があることが分かりました。

一緒に働く看護師の男性に毎日のようにひどいパワハラをしていたというのです。

実際にパワハラを受けた看護師の男性が顔を出して、その受けた被害について語っています。

パワハラを受けた男性が顔を公表!

引用元:グッディ

パワハラを受けていた束原康寛さんです。

働いていた病院で木下さんの助手を務めていました。

スポンサードリンク

パワハラの訴えは?

●木下さんから毎日のように厳しい叱責を受け、車中では頭を小突く、座席の背もたれなどを蹴るなどの暴力。

●「こいつはバカ教養がないから、バカだから」など。患者さんの前でもバカにする、人格を否定するような発言。急に機嫌が悪くなり激高する。

●「俺を誰だと思っているんだ」と高圧的な態度。

●木下セット(木下医師用のスリッパやクッション、特定の銘柄の烏龍茶)を用意していないと機嫌が悪くなる。

2年におよぶパワハラが続き、体に異変が起こるようになり嫌がらせを受けている夢を見るようになり寝れなくなり、薬を飲まないといけなくなったようです。

8月で木下さんは勤めていた病院を退職したため、現在が働いていませんが、今でもたまに寝れない等の症状があるようです。

このような行いが毎日続いたら仕事へ行くことが恐怖になるのではないかと感じました。

この男性に対して教育としてやっていたと木下さんは発言していましたが、行き過ぎた行いだったのではないかと感じました・・・。

パワハラを受けたスタッフ多数!自殺未遂したスタッフも。

また、パワハラを訴えた束原さん以外にも7人のスタッフが木下さんのパワハラで退職したそうです。

そのうち一人のスタッフは木下さんのパワハラを受けて、自殺未遂にまで追い込まれた方もいたんだとか・・・。

このスタッフが自殺未遂してしまった件を木下さんに伝えたところ、

「これでもう一緒にまわらなくて済むね。訴訟とかでこっちに来なきゃいいけどな」

と語っていたんだとか。。

自殺未遂したスタッフの心配ではなく、訴えられるんじゃないかという自分の心配をしていたということにも驚きです。

病院の責任者も木下さんについて語っていますが、テレビだととても優しい印象でしたが、実際に仕事を一緒にしてみると非常に横柄な態度で、ことあるごとに「俺は医者なんだぞ」という言葉を口にしていたようです。

スポンサードリンク

医師としてのモラルにかけている?

患者さんの容体が悪化し、木下さんにスタッフが電話をした際、

「今赤坂で飲んでいるから行けないよ!」

と言われ、電話を切られ、対応をしてくれなかったようです・・・。

患者よりも自分の飲み会を優先したという出来事があったようですね。

この病院では24時間対応するということをウリにしていたようですが、この対応は医師としてのモラルはどうなんだろうと感じてしまいました。

患者の容体が悪化した場合、暗黙の了解で医師は病院に駆けつけなければいけないということがあるようですが、それに対しまったく応じなかったようです。

まとめ

ジャガー横田さんの夫である木下博勝さんのパワハラについてまとめてみました。

被害者の男性は勇気を振り絞って顔を公表し、パワハラの訴えを語っていました。

この内容を見ると、普段の木下さんのイメージとはかなり違った人柄であることが分かりましたね。

今後、この騒動がどのように進んでいくか注目が集まります。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする