田中樹のA子はギャル顔?名前や画像は?寝顔の写真撮られるが好感度上昇の訳は。

ジャニーズ

2020年3月10日、SixTONESのメンバー「田中樹」さんがデビュー前に交際していたスキャンダルが週刊文春により報じられました。

 

この交際していたA子さん、いったい誰なのかということが話題になっていますが、田中樹さんがA子さん宅を訪れた際のインターホンに映った写真や寝顔が撮られていました。

 

SixTONESは最近華々しいデビューを飾りましたが、田中樹さんの情報を週刊誌に売り込みたいためにデータを保存していたのではと疑惑がもたれています。

 

今回は、田中樹さんが付き合っていたとされるA子さんの名前や画像、世間の反応についてまとめています。

スポンサードリンク

A子と出会ったきっかけは?

田中樹さんとA子さんが出会ったのは、2017年の秋ごろで、友人からの誘いで、港区にある個室カラオケバーでの飲み会に参加したことだったようです。

 

まだデビュー前でしたが、一般の方とそういう形で出会うことができることにちょっと驚いてしまいました。

 

ジャニーズ事務所から一般人との交流は厳重に注意されていそうですが・・・。

このあたりも気になってしまう点かなと感じました。

 

兄の田中聖さんの逮捕やSixTONESのメンバーの不祥事によりなかなかデビューできなかったという経緯があるのに、田中樹さんも軽薄な行動だったかもしれないですね。

 

二人の関係は2017年秋から2019年春先まで続き、よく田中樹さんがA子さんの自宅に泊まりにきていて、家デートを楽しんでいたようですね。

スポンサードリンク

A子さんが田中樹にハマってしまった理由は?

■Aこさんの自宅で二人で食事をしていて、ウーバーイーツをクレカ決済でA子さんが会計をすまし『お金は大丈夫』と断っていたのに、田中さんが帰った後、テーブルの上に1万円札が置いてあった。

 

■A子さんが友人とご飯を食べていると、

『どこいるの? 顔出すね』と田中さんから連絡があり、場所を伝えると樹くんは来てくれて、ご飯をパパッと食べて、全てのお会計を払って去っていった。

 

■他の女性の影がチラついて、不安になったA子さんが

『私のこと嫌い?』と尋ねると、『好きだよ』と返してくれた。

正式に付き合っているかどうかハッキリしなかったようですが、その発言に期待してしまった。

 

■A子さんが元気ない時には

『元気出して!』と田中さんが言い、気持ちを変えるためにカラオケに連れて行ってくれた。『好きなもの食べれば元気でる』と励ましてくれたりとたそうです。

 

女性はこういうさりげなく優しくされてしまうことに弱いですからね。

会計もスマートだとよりイメージはアップしますよね。

 

たまに1円単位で割り勘する男性がいますが、田中樹さんは太っ腹でしっかり気遣いができる人なんだと印象を受けました。

 

さらに、弱っているときに元気が出るような言葉とかけてくれて、励まして、カラオケに連れて行ってくれるってやはりその相手のことをちゃんと考えてあげていて優しいですよね。

最悪?エピソードとは?

そんなあるとき、田中さんがA子さんに

『女性を紹介して』『合コン組んで』と頼んできたんだとか。

 

好きな男性に自分の女友達を紹介することって、普通であればしたくないですよね。

それにも関わらず、女友達を紹介したところ、『無理』と、かなりの”辛口審査”をされたんだとか・・・。

 

女の子を紹介してきてと頼んできて、ちょっとこの子は無理・・・なんて普通の若い世代ではよくあることですよね。

 

田中樹さんは、大人気アイドルグループSixTONESのメンバーであるため、イメージとしてはちょっと悪いかもしれませんが。

 

しかし、以前男性のアイドルの方で未成年の飲酒させたとか、不倫したとか、中絶させたという騒動等ではなくて個人的には安心しました(笑)

 

世間でも田中樹さんに対して、高感度が上がったというコメントが多くありました。

スポンサードリンク

世間の反応は?

元カノA子は誰?

付き合っていたいうはっきりとした関係ではなかったようなので元カノではないのかもしれませんが・・・。

 

今のところ、A子さんは誰なのか、名前や画像などの情報はありませんが、港区のカラオケ店で出会ったということなので、都内に住む方なのでしょうね。

 

そして、アイドル田中樹さんが選んだ女性であるため、容姿は可愛いもしくは綺麗であることは確実でしょうね。

 

田中樹さんは、明るくノリが良い子が好きでちょっとギャルっぽい人が好きだということはファンの間では知られていることですよね。

 

きっと性格は明るく、話しやすくて見た目も華やかな人なのでしょうね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました