濱田美栄コーチのモラハラ、評判がヤバイ?織田信成が提訴。関係者の告白も

フィギュアスケートの「織田信成」さんが関西大学スケート部の濱田美栄コーチからモラルハラスメントを受け、監督を辞任しましたが、濱田美栄コーチに対し、1100万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴しました。

この騒動は選手のことを考えて、織田さんと濱田コーチが対立してしまったのですが、濱田コーチがしたモラルハラスメントがひどすぎるということで話題になっています。

濱田コーチが日頃していたとされる厳しすぎる指導について関係者が語っています。

濱田コーチが行った実際のモラハラや評判、世間の声についてまとめています。

スポンサードリンク

「織田信成」さんはモラハラをされ、精神的苦痛を受けたとして濱田コーチを提訴していましたが、なんと織田信成さん自身が教え子にモラハラをしていた...
フィギュアスケートの「織田信成」さんがリンク内で嫌がらせやモラハラを理由に関大アイススケート部の監督兼コーチを退任しましたが、そのモラハラし...
フィギュアスケートの「織田信成」さんが濱田美栄コーチからモラハラを受けて、精神的苦痛を関大アイススケート部の監督辞任するまで追い込まれました...

関西大学アイススケート部の体制

引用元:ひるおび

関西大学アイススケート部のコーチの体制は3つに分かれています。

●織田コーチ:織田信成さんと織田さんの母親が指導

●濱田コーチ:濱田美栄さんだ指導(紀平梨花、宮原知子ら)

●本田コーチ:本田武史さんが指導(高橋大輔)※長光コーチは退職

関西大学には大きく分けると3人のコーチに分かれていたので、コーチ同士はライバル関係にもあったと言われています。

同じ大学に属していますが、派閥のようなものがあったとされています。

そこで織田さんと濱田コーチが指導をめぐって争うかたちとなります。

女子スキージャンプの選手である「高梨沙羅」さん。 2018年の平昌オリンピックで銅メダルを獲得しましたが、現在もワールドカップで好成績...

この騒動のきっかけは?

きっかけとなったのは2017年2頃でした。

織田さんの訴状によると、濱田コーチの教え子5人が一斉に高速でリンク上を八の字滑走したようです

引用元:ひるおび

しかし、もともと3コーチで決めていたリンクの使用ルールがありました。

リンク上では、各コーチにつき、選手は3人までと決めていたとのこと。

しかも、このルールを提案し、決定したルールだったようです。つくったのが濱田コーチだったと言われています。

このことに対し、織田さんは「危ないのでやめてください。」

と伝えると、

濱田コーチは「あんたの考え方は間違っている!!」と激高したようです。

自分でつくったルールを自分でやぶっておいて、キレるってどういうこと・・・?

とかなり疑問を感じてしまいます。。

結局、このリンクの使用については3人のコーチで協議を行い、5人の8の字レッスンは中止ということに決まりました。

スポンサードリンク

織田信成への嫌がらせ内容は?

この件以降、濱田コーチは織田さんに対して態度が急変していったようです。

織田さんがあいさつをしても無視。

織田さんが近づくと(廊下などですれ違うなど)露骨に嫌がる。

など。

また、濱田コーチは関係者に対し、「織田さんが監督に就任してから偉そうになった、勝手に物事を決めている」などと、織田さんの悪口を言ったり、事実と異なるウワサを流すなどのことを行っていたようです。

織田さんはこれらの行為により不快感や嫌悪感、脅威、強い不安を感じるようになりました。

そして、心理的なストレスを原因として動悸・めまいなどを感じるようになり頭痛を併発。

体温が40度℃を超えるような状況になり、1週間ほど入院するという事態となりました。

きっと強いストレスから体にこのような反応が起きてしまったのでしょうね。

スポーツの現場でよくあると日本女子体育大学教授「溝口紀子」さんは語っています。

コーチ同士でもライバルなので自分の選手を強くしたいという気持ちはある。

自分よりキャリアのない織田さんが意見してくることが面白くないという気持ちがあり、序列した関係があったのでは?

日頃からぎくしゃくた関係が積み重なっていたのでないかということでした。

濱田コーチと言えば、女子フィギュアの宮原選手や紀平選手を一流選手に育て上げたとして指導者として高い評価を得ています。

しかし、それにより大学内で強い権力を持つことになり、誰も逆らえない存在になっていってしまったのでしょうか。。

この織田さんの言っていることが真実であれば、人として指導者として最低のことをしてしまっています・・・。

スポンサードリンク

厳しい濱田コーチの指導

濱田コーチの教え子は下記のように語っています。

「スケートへの想いが強い濱田コーチの指導は非常に厳しく、“怖い”と感じることもありました。うまくジャンプが跳べないと“コラ!何で跳べないんだ!”という怒鳴り声がリンク中に響く。

成長期の女子選手が太って動きのキレが悪くなると“このデブ!”と一喝することもあった。

フィギュアスケートは体重管理が大事なスポーツなのでコーチの気持ちも分からなくありませんが・・・。」

関大の関係者も

「リンクのフェンスを蹴飛ばして教え子たちを威圧したり、ジャンプがうまく跳べない子の髪を掴んでリンクに叩きつけたこともある。こうした指導が原因となって、関大のリンクで練習するのを止めた子供もいるくらいです。」

引用元:「週刊新潮」2019年10月31日

フィギュアスケートの「織田信成」さんがモラルハラスメントを受けたとして、濱田美栄コーチに1100万円の損害賠償を求め提訴していましたが、本日...

世間の反応は?

スポンサードリンク

◆沢尻エリカの自宅は2億円の豪邸!マンションの画像・住所は目黒区の碑文谷

MDMA所持で逮捕された女優の『沢尻エリカ』さんですが、この騒動により現在住んでいる自宅の場所が明らかになりました! その自宅...

まとめ

フィギュアスケートの織田信成さんが濱田美栄コーチを提訴するというニュースが入ってきたため、まとめてみました。

織田さんの起訴によると、濱田コーチがしてきたことは本当にひどすぎてイジメともとれる行為だと感じました。

今後、この騒動がどのような展開をみせるのか注目が集まりますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする