IZAMの現在は?サラリーマンとして就職?SHAZNAの年収(収入)

ロックバンド「SHAZNA」のボーカルをしていたIZAMさん。

デビュー当時は女装ファッションと整った美しい顔立ちから人気を博していましたよね。

2006年にグラビアアイドルの「吉岡美穂」さんと結婚し、現在3人のお子さんがいます。

最近の吉岡さんといえば、急激な老化・劣化により視聴者から驚きと心配の声があげられています・・・。

実は夫のIZAMさんの仕事がうまくいっていないことにも原因があるようです。

今回は現在のIZAMさんの活動と当時の年収(収入)についてまとめています。

IZAM プロフィール

出典:IZAM公式ブログ-GREE

●本名:日根 良和(ひね よしかず)

●生年月日:1976年4月23日

●出身地:東京都府中市

●血液型:O型

●職業:音楽家、俳優、タレント

●活動:ベニバラ兎団主宰、日本芸術専門学校特別講師

当時デビューしたばかりのSHAZNAの勢いはすごいものでデビューシングルの「Melty Love」売上枚数が69万枚、「すみれseptember Love」では67万枚以上売り上げていました。

若い世代の方はあまり分からないと思いますが、アラサー以上の方だったらご存知かと思います。

あの女装スタイルとIZAMさんの美貌から話題性があり、とても人気があったバンドでした。

IZAMのファッションや髪型をまねるファンが大勢いて「SHAZNSA現象」と呼ばれるほど人気を博していました。

人気絶頂期の給料(収入)は?

こんなに人気があるバンドだと、お給料や印税の額もすごいのかなと思いますが、意外にもそうでもないようで驚きでした!

CDの印税に関しては、レコード会社や小売店が9割くらいは取り分として出ていくため、残りの1割が収入として入ってくるようです。

一番良かったときで8000万円くらいだったと「解禁!暴露ナイト」という番組で告白しています。

やはり印税だけでもかなりの額ですね・・・^^; すごいです!

カラオケの印税も今から6年前は200万円ほどあったということですが、現在は歌う人も少なくなっていると考えられるので、もう少し少ないのかもしれないですね。

お給料に関しては、芸能事務所と交わした契約が固定給だったため、45万円だったと話しています。

サラリーマンのお給料だったらけっこう良い額なのかなと思いますが、その当時大人気だったのにもかかわらず、45万円というのはちょっと少なくてビックリしてしまいますね。

IZAMさん自身もこの金額には不満がかなりあったようです。

芸能界では、給料に関しては歩合か固定給かで選択するということがあるようで、最初に交わす契約で金額がかなり変わってしまうようですね^^;

活躍が少ない芸能人の場合は固定給のほうがいいのでしょうね。

活躍をみせていたSHAZNAですが、結成から3年程で活動を休止してしまい、再結成を繰り返したりと迷走しているようですね。

そして、現在IZAMさんは劇団を主宰し、活動を行っています。

劇団「ベニバラ兎団」を主宰

この投稿をInstagramで見る

プロデュース・演出しているボカロから生まれた舞台、 舞台『脳漿炸裂ガール』 今週木曜日開幕。

IZAMさん(@izam_official_)がシェアした投稿 –

劇団「ベニバラ兎団」は自由な演劇をめざし、枠にとらわれない形で行っているそうでIZAMさんは力を入れて活動しているようです。

劇団を観た方々の口コミでは、役者の容姿や立ち振る舞いが美しいと評判のようですよ^^

IZAMさん自身も演出を担当しながら、役者として舞台に立っているようです!

ただ、これだけでは収入として難しいようで新しいビジネスを始めていました。

新宿二丁目で「バー」をオープンしていた!

2017年にゲイバーの街として有名な新宿二丁目に「バー」を開店していました。

きっかけは飲み屋で知り合った女性と意気投合し共同経営をすることなったようです。

新宿二丁目なのでゲイバーをオープンしたのかな?と思いましたが、ゲイバーではなく、普通のバーとしてオープンしたみたいですね^^;

オープン当初はIZAMさんの当時の音楽関係者などがたくさん来ていて、流行っていました。IZAMさんが団長を務めるベニバラ兎団の若い人たちもよく来ていたようです。

ただ、開店して半年程たって頃から、客足が減り結局はIZAMさんはそのお店をやめてしまっています。

原因については女性自身が伝えています。

IZAMさんのファンがお店の情報を聞きつけて、訪れたのにもかかわらず「そういう客はめんどくさいから」と言って、お店を開けないこともあったようです。

売上に関してはIZAMが管理。共同経営者の女と折半する約束だったというが、3ヵ月間も支払が遅れることもあったという。

女性との関係も悪くなり、今年2月末でIZAMは店をやめていった。

(引用元:女性自身)

せっかく自分のファンがお店に来てくれたのに、お店を開けないってひどいですね・・・。

そういう接客態度だとやはり常連客がつきにくく、経営もうまくいかないでしょうね。

商売というのはなかなか難しいと思いますが、せっかく自分のために来てくれた人たちのことを大事にしないような考え方では、商売がうまくいかないのは仕方ないのかもしれないですね。

IZAMさんは3人の子供の教育費のためにと思って、新しいビジネスとしてバーの経営を始めましたが、結局うまくいかなかったようです。

また、日本芸術専門学校で特別講師として勤務していたようですが、現在は辞めてしまったということを妻である吉岡さんがテレビで話していました。

色々挑戦するもすぐに辞めてしまうことが多いようです。。

飽きやすい性格なのかもしれないですね・・・^^;

そんなIZAMさんですが、現在はというと

サラリーマンとして就職!

今年の5月に放送された「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」に出演しましたが、サラリーマンになろうと面接を受けていることを明かしました。

『同級生の話とか聞くと就職していて安定しているんで・・・』

という動機からサラリーマンになりたいと考えていて、最近内定をいただいたようです。

おそらく新規のビジネスに手を出してはみるものの、うまくいかず結局はやめてしまっているので、安定している会社員が良く見えているのかもしれませんね。

ただ、現在は会社が倒産したり、リストラされたりということも珍しくないので、定年まで働ける保証はないですからね。

IZAMさんの就職に関しても、これまですぐやめてしまう習性から、またすぐ辞めるのでは?と非難の声も多く上がっています。

IZAMさんのお子さんや妻である吉岡美穂さんのためにも新しく就職した会社でも頑張ってもらいたいところですね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする