相楽晴子の若い頃の画像が可愛い!ヌード写真集も出版?【シンソウ坂上】

2020年1月9日放送の『直撃!シンソウ坂上』に憧れの南国ハワイに移住した女優「相楽晴子」さんが登場しました!

現在、相楽さんはハワイ島で暮らしていますが、水や電気が通っておらず自給自足の生活を送っているということで、とても驚いてしまいます!

若い頃はドラマやバラエティに出演しマルチタレントとして活躍していましたが、クールビューティーな顔立ちでとても綺麗な方でした!

なんとヌード写真集も出版していたようですよ。

今回は相楽晴子さんの若い頃の画像や作品を中心にお伝えしていきます♪

スポンサードリンク

相楽晴子 プロフィール

●名前:相楽 晴子(さがら はるこ)

●生年月日:1968年3月1日(51歳)

●生まれ:福島県郡山市

●身長:160cm

●血液型:AB型

●TV/映画:スケバン刑事Ⅱ、少女鉄仮面伝説、スケバン刑事、アリエスの乙女たち、ADブギなど

●アルバム:BITTER KISS、第二楽章ーセカンド・ムヴメントなど

ご実家は家具屋を営んでいましたが、相楽晴子さんが5歳のときに父親が交通事故で亡くなってしまい、借金が残ってしまいました。

そのため、借金返済のために中学卒業後は就職を希望していましたが、芸能事務所からスカウトされたことをきっかけに1984年に芸能界に入ることになったようです。

芸能界デビューした翌年にドラマ『スケバン刑事Ⅱ 少女鉄仮面伝説』に出演が決まり、“ビー玉お京”役を演じたことで一気に知名度を上げました。

実は、『スケバン刑事Ⅱ 少女鉄仮面伝説』の前作にあたる『スケバン刑事』のオーディションを受けていましたが、演技の勉強がもっと必要だと言われ、落とされていました。

『スケバン刑事Ⅱ 少女鉄仮面伝説』のオーディションを受けた際に、プロデューサーが同じだったようで“また落とされるだろう”と投げやりな態度で演技したところ、見事合格しました!

“ビー玉お京”の役柄が下町育ちの気の強い江戸っ子気質という役だったため、その役にぴったりだったようです。

なげやりな態度の演技が評価されるって・・・。

人生何があるか分かりませんね(笑)

しかし、芸能界デビューした翌年に人気シリーズのドラマに出演するということは、もともと才能があったのでしょうね^^

スケバン刑事シリーズに出演したことで、人気女優の仲間入りとなりましたからね。

スポンサードリンク

歌手活動やヌード写真集も出版!

その後は歌手としても活躍し、『スケバン刑事Ⅱ 少女鉄仮面伝説』のドラマの挿入歌である「ヴァージン・ハート」で1986年に歌手デビューを果たします。その後も多数のシングルをリリースしました。

1993年には写真集「MOTHERS」を出版しましたが、でヌードを披露したとしても話題となりました。

この写真集の撮影で現在の旦那さんである「ゲイリー・ヘインズ」さんがコーディネーターだった為、出会うことになったようです。

ゲイリー・ヘインズさんはその当時アメリカに住んでいたため、二人は遠距離恋愛をしていました。

当時は今のようにネットが普及しておらず気軽に連絡をとることが難しかったのですが、電話かFAXのやりとりをしていたようです。

そして3年の交際期間を経て、現在のお子さんである娘の「ジョイ・ヘインズ」さんを授かり結婚に至ったようです。

日本とアメリカの遠距離恋愛でうまいくっていうことも凄いですよね。

なかなか連絡が取れないと破局してしまうケースが多いですが、きっと大恋愛だったのしょうね♪

スポンサードリンク

相楽晴子の若い頃の可愛い画像は?

相楽晴子さん、現在も美しく素敵な女性ですが、昔は一際綺麗で可愛い顔立ちでした♪

ショートカットがとても似合っていますよね^^

ショートカットって小顔で骨格が整っていないと中々似合わないのですが、相楽さんのショートカット姿とても可愛いですよね^^

目もくりっとしていて整った顔立ちの美人さんです。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする