加治幸夫(焼肉きんぐ社長)年収がヤバい!意外な経歴・学歴。妻や子供はいる?【つぶれない店】

2020年2月1日放送の『坂上&指原のつぶれない店』に最近どんどん急成長している「焼き肉きんぐ」が特集されます。

焼肉きんぐ、このところ、店舗数を伸ばしているなという印象は持っていましたが、ここ十年以上増収増益を続けている凄いお店でした。

この日の放送では、その社長である「加治幸夫」氏が登場しますが、この方の学歴や経歴が意外で驚きました・・・!

また、年収額も凄い額でした!!

今回は焼肉きんぐの社長、加治幸夫氏についてまとめています。

2020年1月5日放送の『坂上&指原のつぶれない店』に今にも潰れそうだったイタリアンレストラン「きむらさん家」のご家族が登場しました! ...
東出昌大さんと唐田えりかさんの3年にも及ぶ不倫が大スキャンダルとなっていますが、唐田さんのSNSの裏垢が流出したとして文春が報じています。 ...
2019年10月24日放送の「櫻井・有吉THE夜会」第3弾夜会フェスにお笑い芸人の「出川哲朗」さんがゲストとして登場します! この放送...

スポンサードリンク

急成長を続ける焼肉きんぐ

現在、焼肉きんぐの社長を務めていますが、焼肉きんぐは愛知県豊橋市に本社をおく「株式会社物語コーポレーション」という会社の焼肉部門のひとつです。

この物語コーポレーションは、焼肉きんぐの他に「焼き肉一番カルビ」、「お好み焼き本舗」、「ゆず庵」、「丸源ラーメン」など多くの飲食店を経営していて、2016年8月現在で店舗数197店舗(現在235店舗)、社員998名、時間制従業員9400名以上の大企業です!

焼肉きんぐの他の店舗もメジャーなお店ばかりで驚きました。

現在、急速に店舗数を伸ばし、12期連続で増収増益を達成する企業で、2010年6月には東証一部上場もしています。

こんな大企業で成長し続けている会社の加治幸夫社長って凄いですよね!

加治幸夫 プロフィール

●名前:加治幸夫(かじ ゆきお)

●生年月日:1956年12月20日(64歳)

●出身地:東京都

●学歴:東京都立保谷高等学校卒

加治幸夫社長、今では物語コーポレーションが運営する焼肉きんぐの社長を務めていますが、学歴や経歴はちょっと変わっていました。

高校は、東京都立保谷高等学校を卒業していますが、大学へは行かず高卒という学歴でした。

経営者になるには、優秀な大学を卒業し、大学などでしっかり経営を学び、その知識を使い敏腕経営者になるという方が多くいらっしゃいますが、その点ではちょっと意外でした。

加治社長は、東京都立保谷高等学校は偏差値53の学校ですが、偏差値から見ると平均的な学校のようですね。

高校時代は大学進学を希望していて、家庭教師をつけて勉強に励んでいたそうです。

高校2年の夏休み、親戚のおじさんが新宿・中村屋の社員として勤務していて、それがきっかけで、1ヵ月ほど中村屋サロンでアルバイトをしました。
もっと世間を見てみたいという軽い気持ちからアルバイトを始めましたが、中村屋サロンは今でいう高級カフェ・レストランでした。
■昼はカレーやドリア、夜はビール、ワインなども提供
■店内の内装はホテルにも負けない豪華さ
■壁にはシャガールやルノアールなど本物の絵が飾ってある
■高価な音響施設からクラシック音楽が流れる
など、凄いですね。かなりの高級な飲食店でアルバイトをしていたようです。
すべてにおいて最高級の中村屋で働いたことで、飲食店としての素晴らしさに魅了され、自分のやりたい仕事はこれだ!
と思い、大学進学はせずにすぐに飲食店に就職するという道を選んだそうです。
家庭教師までつけて大学進学に向けて勉強していたのに、きっと親御さんは驚いたでしょうね・・・。
加治さんの父親は、「富士銀行・現在のみずほ銀行」の支店長を務めた方でとても堅実な家庭で育ったということなので、もしかすると最初は反対されたかもしれないですね。
高校生の頃に自分の道を決めてしまうってなかなかできないことですよね。
考え方や行動力は凄いなと感じてしまいました!
スポンサードリンク

様々な飲食店で経験 その後社長に就任!

高校卒業後は、フランス料理の名門「コックドール」に入社し、7年間本格的に料理を学びましたが、その後、数々の飲食での勤務し経験を積みました。

高校卒業後、

1976年 コックドール株式会社に入社

1983年 アメリカンレストラン「ハードロックカフェ」に4年間勤務

1984年 「カプリチョーザ」などを展開するWDIに勤務

1988年 トンカツレストランの「新宿さぼてん」を展開している外食事業部門であるグリーンハウスフーズに勤務

2011年 物語コーポレーション執行役員に就任、代表取締役社長に就任

2016年 物語コーポレーション代表取締役社長CEOに就任

1社で長く勤務されていたのかと思いきや、様々な飲食店を渡り歩いていたようです。

しかもすべて飲食業界での経験であるため、本当に飲食業に強い思い入れがあるのでしょうね。

この、グリーンハウスフーズで勤務しているとき、上層部の方から気にいられ、かなり可愛がってもらったそうです。

それにより人脈が広がるきっかけとなり、星野リゾート社長やキリン社長など多くの経営者と交流することができました。

そして、加治さんは子会社のグリーンハウスフーズの執行役員に抜擢され、様々な新業態開発を任されました。

ここでの新規事業が成功し、ヒット店舗を数多くつくっていきました。

多くの新規事業が成功した業績が認められ2011年に9月に焼肉きんぐを展開する物語コーポレーションの社長に就任しました。

様々な飲食店での経験により人脈が広がり、その仕事に対する熱意やマインドなどが上層部の方に気に入られ、今の地位を築いたのかもしれないですね。

若い頃は、夕方から早朝まで働きづめで、大変は時期も多く経験されたようですが、それを乗り越えて今の社長という立場になっているのでしょう!

強い精神力や忍耐力をもった方なのだと感じました。

年収

加治社長、こんなに大きな会社でしかも急成長をしている会社の社長であるため、年収はどのくらいもらっているのだろう?と気になってしまいます^^

調べてみたところ、物語コーポレーションには役員7名がいますが、合計報酬額は1億9639万円のようです。1名に計算すると、2805万円となります。

また、上場企業の社長の報酬総額の平均は5435万円と言われているので、急成長をとげている会社であることも考慮しますと、おそらく5000万円程ではないかと予想します!

焼肉きんぐやゆず庵は特に店舗数の増加に伴い、増益になっているようですので、今後も利益が増加していくでしょうね。

そうなると、年収はもっと高くなっていくこと間違いなしですね!

加治社長、今までもヒット店舗を数多くつくってきているため、経営者としての素質はずば抜けているのでしょう。

スポンサードリンク

家族や子供

加治社長に家族はいるのか調べましたが、今のところ結婚しているとか、子供がいるといった情報はありませんでした。

現在64歳という年齢であるため、結婚して子供がいるとすればおそらく成人しているか可能性は高いですね。

こちらに関しては情報が入り次第追記していきます。

元モーニング娘の「市井紗耶香」さんが、『芸能事務所アンカンシェル』から、わずか3カ月で業務提携契約を解除したことが明らかになりました...

まとめ

『坂上&指原のつぶれない店』に最近どんどん急成長している「焼き肉きんぐ」が特集されましたが、その社長の加治幸夫氏が登場しました!

焼肉きんぐの会社、株式会社物語コーポレーションは現在好調な業績を上げていますが、今後も成長を続けていく企業であることは間違いないですね。

加治氏もちょっと意外な学歴と経歴の元主でしたが、カリスマ経営者であることが分かりました。

今後も注目していきたいですね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする